出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   



 アメリカ ノ ソラ エ
 アメリカの空へ

   大探検を助けた少女、サカジャウェア

 ◆アメリカ建国史にのこる伝説の少女の物語

 ケネス・トーマスマ著
  西江雅之(にしえ・まさゆき)監修 加原奈穂子(かはら・なほこ)訳 

 本体 1,524円
 四六判・上製・224頁
 4-931178-29-4 / 2000.02

 【日本図書館協会選定図書】   


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容

 1805年春、16歳のインディアンの少女・サカジャ
 ウェアは、生まれたばかりの赤ん坊を背負い、
 史上名高いルイス=クラーク探検隊の一員として、
 壮大な旅へと出発します。
 それは、ミズーリ川の源流を遡り、ロッキー山脈
 を越え、太平洋へと向かう21ヶ月にも及ぶ苦難の
 旅でした。この探険で通訳兼ガイドとし
 て大きな貢献したのがサカジャウェアでした。
 アメリカ人なら誰でも知っている伝説の少女の姿
 を通して、アメリカ人の心の故郷をさぐる。

 【著者紹介】
 ケネス・トーマスマ
 1930年ミシガン州生まれ。ミシガン大学大学院修士課程修了。
 小・中学校の教師・校長を経て作家に。
 邦訳書に「モホ・ワット」「ナヤ・ヌキ」『パスキ・ナナ』などがある。


 加原奈穂子(かはら・なほこ)
 1972年、岡山市生まれ。早稲田大学文学部博士課程修了。現在、早稲田
 大学助手。


 西江雅之(にしえ・まさゆき)
 1937年、東京生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了後、フルブライト奨
 学生としてカルフォルニア大学大学院で学ぶ。文化人類学者、言語学者。
 主な著書は、『花のある遠景』『ヒトかサルかと問われても』など。


 【書評から】
 アメリカで今年から出回っている新1ドル硬貨には、一人のインディアンの
 少女が描かれている。少女の名前はサカジャウェア。200年近く前に実在して
 いた人物だ。彼女は伝説の中で悲劇の王女ポカホンタスと同じように、アメリカ
 では最も有名なインディアンの少女。
 (中略)
 当時16歳だった彼女は、生後55日の赤ん坊を背負い、往復1万キロを探検隊と
 共に踏破し、夫以上の働きを示して隊を支えた。本書は日記をもとに、彼女が
 歩んだ道を辿ったもの。
 探検隊とインディアンの出会いや豊かで厳しい自然などを通して、アメリカの
 人びとの心の故郷がいきいきと描かれている。
 (「週刊東洋経済」2000.3.18)
     
 帯に書かれた「2000年発行、新1ドルコインに描かれたインディアンの少女サカ
 ジャウェアを知っていますか?」という質問に「イエス」と答えられる日本人は
 ほとんどいないに相違あるまい。
 この少女は、アメリカ開拓時代に政府派遣の「ルイス・クラーク探検隊」に加わ
 った一少女、いや、若き女性のことである。
 彼女の特技は、まず第一に、インディアンと生活をともにしていたときに習い覚
 えた、食用根菜の見分け方である。探検隊が食糧難にさらされた時、彼女のその
 能力は最大限に発揮された。
 そして、第二は、所属した部族の言葉、ショショニ語をあやつることが出来た点
 であり、彼女なしにはこの探険は不成功に終わったと見る向きもある。
 当時、インディアンの地位は低く、サカジャウェアとて、幼いときに白人に売ら
 れ、その主人について、幼子を抱えながらも探険に加わらざるを得ない羽目にな
 った。
 そうした定められた環境の中で、サカジャウェアは自己の本領を発揮して、探検
 隊の陰の力となっていく。
 そのことが「はさみ込み」形式によって、わかりやすく語られる。つまり探検隊
 のメンバーの日誌記録が引用され、その後に、著者トーマスマの適切な解説が内
 容を説明するのである。
 これは、ともすれば、主旨をまるで消化できないうちに終わってしまう無味乾燥
 な記録の意味内容を、活き活きと読者に伝える、という点で実に親切なものと言
 えよう。(以下略)(川鍋博)
 (図書新聞2000.6.17)


















 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 ルイジアナ探検そのものの経過もさることながら、
 その前提(発端)から詳しく書かれているので、
 購入しました。分かりやすく、読み甲斐がありま
 した。
 (東京都、62歳、男性)
    
 先日読んだ「ナヤ・ヌキ」以来、サカジャウェア
 の物語を是非読みたいと思っていました。アメリ
 カの歴史、彼女に対するアメリカ人の意識に関し
 ては、ほとんど知らないことばかりでした。
 (広島市、29歳、女性)