出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   




 ナヤ ヌキ
 ナヤ・ヌキ

   大草原を逃げ帰った少女

 ◆故郷の母のもとを目ざす大草原の決死行!

 ケネス・トーマスマ著
 浜野安宏(はまの・やすひろ)監修 おびかゆうこ/訳
 解説・西江雅之     

 本体 1,400円
 四六判・上製・184頁
 4-931178-19-7 / 1999.02

 【86年度ワイオミング州児童文学賞受賞】
 【日本図書館協会選定図書】
 【全国学校図書館協議会選定図書】

   

 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容
 バッファロー狩りの途中、敵部族にさらわれた11歳の少女は、とらわれた村を
 逃げ出し、たった一人で大草原を横切り、1600キロもの道をこえて
 無事母の元へ生還。アメリカ西部開拓史を彩る感動的なエピソード。

 【著者紹介】
 1930年ミシガン州生まれ。ミシガン大学大学院修士課程修了。
 小・中学校の教師・校長を経て作家に。
 邦訳書に『モホ・ワット』『パスキ・ナナ』『アメリカの空へ』などがある。



 【書評から】
 ネイティヴ・アメリカンのショショニ族の間で語り継がれる、勇気ある少女の
 物語。いまから二百年ほど前、十一歳の少女ナヤ・ヌキは、バッファロー狩り
 の旅の途中で、敵部族にとらえられ、家族と離れてはるかかなたの土地へ連れ
 ていかれます。
 しかし、ナヤ・ヌキはひそかに周到な準備を進め、あるあらしの夜、ついにひ
 とりで逃げ出します。ナヤ・ヌキは追っ手の影におびえながら、オオカミや灰
 色グマなどの襲撃にも耐え、自分の足と智恵だけを頼りに、ついには千六百キ
 ロもの途方もない距離をこえて、再び故郷に帰りつくのです! 驚くべきサバ
 イバル小説。(千葉茂樹)
 (北海道新聞「こどものほん」1999.3.29)
     
 ナヤ・ヌキとはショショニ・インディアンの言葉で「逃げ帰った少女」の意味
 だ。狩りで敵部族に捕らわれた11歳の少女が1600キロの道を逃げ帰る。星や地
 形で方角を知り、草原で食糧を探し、猛獣から身を守り、40日の危険な旅を成
 しとげた。彼らは幼少から大自然で生きる智恵を身につけているのだ。1986年
 ワイオミング州児童文学賞受賞の感動の物語である。
 (「サンデー毎日」1999.3.10)
     















 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 ナヤ・ヌキが、連れ去られてから一人で自分の
 部族の元へ帰り着くまでの壮絶な1ヶ月余りの
 旅に感心しました。たった一人で的や大自然と
 戦った智恵と体験を駆使したナヤ・ヌキの精神
 的なたくましさを誉めてあげたいと思いました。
 (大阪府、43歳、女性)
    
 読売新聞でナヤ・ヌキを知り、娘に読んでもら
 いたいと購入しました。人生の中で、困難に出
 会ったとき、ナヤ・ヌキの智恵と勇気と生きる
 力を本の中から学んで欲しいです。
 (福島県、50歳、女性)
    
 11歳の少女が既に身につけていた智恵と逃げ
 帰る道々で身につけていった智恵とを興味深く
 読みました。大自然を相手に暮らすのは厳しい
 事ながら、一方でいろんな智恵を授かり、自然
 と共生していけるようになるナヤ・ヌキは、
 自然を味方につけられたから、逃げ帰れた
 のだ……そういうことをショショニ族は語り伝え
 たのだろうと思う。
 (岡山県、48歳、男性)