出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   




 モホ ワット
 モホ・ワット

   少女を救った少年の物語

 ◆うるおいを忘れた日本の子ども達へ贈る知恵と勇気と感動の物語

 ケネス・トーマスマ著
 おびかゆうこ/訳
 解説・原ひろ子     

 本体 1,400円
 四六判・上製・180頁
 4-931178-15-4 / 1998.07
 【97年度ワイオミング州児童文学賞受賞】
 【日本図書館協会選定図書】
 【全国学校図書館協議会選定図書】
   

 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容
 18世紀のアメリカ西部。狩りで片手を失った、ショショニ・インディアン
 の少年モホ・ワットは、敵の部族にさらわれた少女ウィンド・フラワーを、
 たった一人で救い出す。200年の間、語り継がれた知恵と勇気の物語。

 【著者紹介】
 1930年ミシガン州生まれ。ミシガン大学大学院修士課程修了。
 小・中学校の教師・校長を経て作家に。
 邦訳書に「ナヤ・ヌキ」『パスキ・ナナ』『アメリカの空へ』などがある。

 【書評より】
 モホ・ワットとは、アメリカン・インディアンの言葉で「片手がない」という
 意味である。狩りで片手を失った八歳の少年モホ・ワットは、敵部族に連れ去
 られた少女をたった一人で救い出す。超自然の力を信じ、狩りで培った知恵で、
 敵部族の追っ手を逃れ、少女を無事送り届ける。
 本書の舞台は、十八世紀のアメリカ西部の大平原。そこにはまだ白人の姿はなく、
 ネイティブアメリカンが部族ごとに独自の狩猟生活を営んでいた。自然とともに
 暮らし、強い信頼関係で結ばれた彼らの生活には、現代人が切り捨ててきた多く
 の知恵がある。(以下略)
 (「週刊朝日」1998.9.18)
     
 舞台は、十八世紀のアメリカ西部の大草原。狩りで片手を失った少年が、敵部族
 にさらわれた少女を、たった一人で救い出す物語。初年の知恵と勇気をたたて、
 語り伝えれたこの物語は、うるおいを忘れた現代の子どもたちに、生きる力を与
 えてくれる。
 (「躍進」1998.11)
     















 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 今、必要な本を出版ありがとうございました。
 ぜひ沢山の青少年そして母親、教育関係者に
 読ませてください。
 (千葉県、55歳、男性)
    
 久しぶりに感動した本に出会えました。早く
 先が読みたいと思ったのも、語り手である
 ケネス氏の作品だからかなと思いました。
 「生きる力」……と体のギリギリで緊張する
 場面によく現れていました。子どもたちにも、
 ぜひ読ませたいです。
 (青森県、38歳、女性)
    
 私は、夏休みの読書感想文で、モホ・ワット
 を使おうと読んでいました。私は短気で小説
 とか物語を読むと、すぐあきてしまうんです。
 中央図書館である本を探していたら、この本
 を見つけました。読んでいくうちに深みに
 はまっていきました。私が一番感動したのは、
 「失われた片手」です。左手が無くなっても、
 お父さんの言葉で強くなったモホ・ワット。
 この話の最後に本物をしとめられてよかった
 なーと思いました。モホ・ワットに勇気を
 もらいました。
 (大阪府、小5、女性)