出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   





   チュウオウノフシチョウ
 中欧の不死鳥

 ◆ポーランド不屈の千年史

 岡上理穂 (おかがみ・りほ) 著

 本体 2,800円
 A5判・並製・416頁+口絵8頁
 978-4-931178-92-2 / 2019.4

 
 


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
   内容紹介&書評












<

 作品内容

  ポーランドを知れば、ヨーロッパがわかる!

  かつて中欧に君臨し繁栄を誇ったポーランド王国は、なぜ滅んだのか?
  ポーランドは、建国、繁栄、衰退、滅亡、再生、抹殺、二度目の再生という
  激動の歴史をもつ。国境が激しく変わり民族が入り乱れる中東欧の歴史は複雑だ。
  さらに第二次世界大戦後は鉄のカーテンの裏側に潜み、視界から消えた。
  だが、そこには私達が知らなかった冒険、ロマン、夢、革命、英雄、栄光、情熱、
  悲劇、勝利がぎっしりと詰まっている。

  コペルニクスやショパン、マリー・キュリーなどの偉人を輩出しながら、
  その実態が知られていない未知の国ポーランドの栄光、悲劇、ロマン、
  革命の歴史を日本との関わりを交えながら、いきいきと描いた壮大な物語。
  カラー口絵8頁、収録写真図版202点。
   【日本・ポーランド国交樹立100周年記念】










        ▲口絵(カラー頁)                    ▲本文見本
 【著者紹介】
  1956年、東京生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科卒業。ワルシャワ大学大学院留学。
  マクオリー大学経営大学院修了。シドニー大学経済ビジネス学部修士。
  ポーランド留学中の1981年12月13日、国内で強まる民主化運動に対し共産党政府が布告した
  戒厳令に遭遇。翌年帰国するが、1983年から再びポーランドに渡り、ポーランド人の夫と暮らす。
  ワルシャワでは、NHK、北海道放送、テレビ長崎等の取材のリサーチ、通訳などを務める。
  1984年、テレビ西日本のテレビドキュメンタリーの同行取材で、パビャック監獄に収監されていた
  若い女性が密かに作った日本人形タイカ・キワに出会う。このドキュメンタリー「ワルシャワを
  みつめた日本人形~タイカ・キワの45年」は同年11月11日に放送され、テレビ西日本は、第22回ギャラ
  クシー賞、第11回放送文化基金賞、第39回芸術祭優秀賞等を受賞した。
  1988年、一家でオーストラリアに移住。現在、シドニー在住。
  主な著書に、ポーランド留学中に遭遇した戒厳令下の社会状況を描いた『ワルシャワに市民の歌声が
  聞こえる』(福武書店)、マルチカルチャリズムを提唱するオーストラリアを市民の視点で描いた
  『オーストラリア的生活術』(出窓社)、共著に『ポーランド入門』(三省堂)などがある。

  【書評】










 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!