出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

     



 ニホンジンハ ドノヨウニシテ グンタイヲ ツクッタノカ
 日本人はどのようにして軍隊をつくったのか

    ◆安全保障と技術の近代史

 荒木肇(あらき・はじめ)著

 本体 1,800円
 A5判・並製・320頁
 978-4-931178-72-4 / 2010.7

 日本図書館協会選定図書
 


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容

 列強の欲望うず巻く19世紀のアジア
 だが、明治新政府には、自前の軍隊さえなかった!

 ☆日本の近代を「安全保障」と「技術・教育」の観点から
  捉え直した画期的書。著者、渾身の書き下ろし!


 《本書の目次から》(一部抜粋)
   第1章 日清戦争と脚気
     ・外征型軍隊の建設
     ・初めての対外戦争と誤算
   第2章 世界が注視していた日露戦争
     ・それまでの戦争と大きく異なっていた日露戦争
     ・完成された連発銃・三十年式歩兵銃
     ・まだ間に合わなかった馬の改良
   第3章 金もない、資源もない日露戦争後
     ・日露戦後のアノミー(無規範)社会
     ・世界が注目した日清両国の海戦
     ・海軍はなぜアメリカを主敵としたのか
   第4章 第一次世界大戦と日本
     ・第一次世界大戦から陸軍はなにを学んだのか
     ・陸軍の軍縮は砲兵の削減だった
   第5軍事と技術と教育
     ・ああ快なるや航空兵、陸軍航空隊の夜明け
     ・学校教育と軍隊

 【著者紹介】
 1951年東京生まれ。横浜国立大学大学院修士課程修了(学校教育学専攻)。
 日本近代教育史、国民教育と軍隊、日露戦後の教育改革と軍隊教育、大正期の
 陸軍幹部人事などを研究する。現在、生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘
 教育福祉専門学校などを勤めながら、教育史の研究を続ける。
 近代陸軍は教育機関であり、国民のインデックスであることを主張し、陸上自衛隊
 との関係を深めてきた。
 主な著書に、『静かに語れ歴史教育』(出窓社)『子供に嫌われる先生』『自衛隊
 という学校 正・続』『指揮官は語る』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』(いずれ
 も並木書房)などがある。また、公演活動のほか、メールマガジン「海を渡った自衛
 隊」(毎週刊)の発行も行なっている。

 【書評から】
 安全保障への慧眼
  副題は「安全保障と技術の近代史」と或る。
  著者は、時代状況の推移(例日露戦争)を的確に把握し、
 日本人として成すべく安全保障の原点を見つめ、
 国家の為の軍事力(国防概念への覚醒)−技術面と軍隊思想の
 構築を啓示してをる。
  其の結果、導き出されし真実は、我が国の軍人が<好戦的・無謀な戦>
 を行った。こうした無知な固定観念が極めて根拠の無い独りよがりの自虐
 と反省させられるのである。
  内容は、御一新後の近代軍隊の創設から満洲事変までを語る。
 −陸軍への偏見・無知。此がいい加減な憶測によると知る。実例にて教えてくれた。
  司馬遼太郎『坂の上の雲』文中、「日露戦争初期・日本人は機関銃を知らぬ」
 「乃木希典は無能」「日本軍人は砲射程が解らぬ」と。然し遠藤周作も語って居たが
 作家の私感が入る。つまり小説だと云う事。真面目すぎる読者ほどこの点を見落とす。
  又、別な読者も語ってをったが、「赤紙」(一銭五厘の葉書)で戦地へ。
 此は誤り「充員招集」と呼ばれ役場から丁重な手紙通知が行われたのである。
  其の他にも誤解や日本軍への恨みから、或いは反軍思想(大正時代の軍人蔑視)蔓延が
 災い、今日平和憲法を盲信する余り自衛隊を否定する政党も或る。半藤一利ら文壇
 の澱に惑わされてはいけない。
  察すれば、清国・露西亜の脅威、西洋列強と対峙した大和民族の真摯な祖国愛。
 国家防衛の腑>の重要性に目覚めるのである。
  本書は、「外征型軍隊の建設」「日清日露戦争」勝因の分析(師団編成、兵器等)
 と細部説明、「第一次大戦と日本」「軍隊と技術と教育」。克明に注釈を明記し
 解りやすく述べて居る。荒木肇氏の迸る雄志が触角として伝播されるのである。
 無縁かと想われる<安全保障>への慧眼−知らしめてくれる。名著は口に苦く心強い。
  (評・蓮坊公爾・文藝評論家)
 
 



   読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 名著だと思います。
 図書館の本でしたが、大変な労作で、
 自分の書棚に置いて読み返したく、
 注文しました。
 (福井県・男性・72歳)
 
 歴史上の事を、経営、経済、工学、化学、物理、
 文化的、文明的、及び心理的等、多方面より
 分析し、類推していて、この小さな1冊の中に
 載せていることは、すばらしい事と思います。
 このような本を他にも出してください。
 (埼玉県・男性・62歳)
 
 面白い本ですね。(注)も豊富で読みやすい。
 軍隊の善悪論でなく、現実をリアルに書いている
 ところが大変参考になりました。
 (東京都・男性・政治評論家)