出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

     



 ニホンジンハ ドノヨウニシテ グンタイヲ ツクッタノカ
 日本人はどのようにして軍隊をつくったのか

    ◆安全保障と技術の近代史

 荒木肇(あらき・はじめ)著

 本体 1,800円
 A5判・並製・320頁
 978-4-931178-72-4 / 2010.7

 日本図書館協会選定図書
 


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容

 列強の欲望うず巻く19世紀のアジア
 だが、明治新政府には、自前の軍隊さえなかった!

 ☆日本の近代を「安全保障」と「技術・教育」の観点から
  捉え直した画期的書。著者、渾身の書き下ろし!


 《本書の目次から》(一部抜粋)
   第1章 日清戦争と脚気
     ・外征型軍隊の建設
     ・初めての対外戦争と誤算
   第2章 世界が注視していた日露戦争
     ・それまでの戦争と大きく異なっていた日露戦争
     ・完成された連発銃・三十年式歩兵銃
     ・まだ間に合わなかった馬の改良
   第3章 金もない、資源もない日露戦争後
     ・日露戦後のアノミー(無規範)社会
     ・世界が注目した日清両国の海戦
     ・海軍はなぜアメリカを主敵としたのか
   第4章 第一次世界大戦と日本
     ・第一次世界大戦から陸軍はなにを学んだのか
     ・陸軍の軍縮は砲兵の削減だった
   第5軍事と技術と教育
     ・ああ快なるや航空兵、陸軍航空隊の夜明け
     ・学校教育と軍隊

 【著者紹介】
 1951年東京生まれ。横浜国立大学大学院修士課程修了(学校教育学専攻)。
 日本近代教育史、国民教育と軍隊、日露戦後の教育改革と軍隊教育、大正期の
 陸軍幹部人事などを研究する。現在、生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘
 教育福祉専門学校などを勤めながら、教育史の研究を続ける。
 近代陸軍は教育機関であり、国民のインデックスであることを主張し、陸上自衛隊
 との関係を深めてきた。
 主な著書に、『静かに語れ歴史教育』(出窓社)『子供に嫌われる先生』『自衛隊
 という学校 正・続』『指揮官は語る』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』(いずれ
 も並木書房)などがある。また、公演活動のほか、メールマガジン「海を渡った自衛
 隊」(毎週刊)の発行も行なっている。

 【書評から】
 
 
 



   読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 名著だと思います。
 図書館の本でしたが、大変な労作で、
 自分の書棚に置いて読み返したく、
 注文しました。
 (福井県・男性・72歳)
 
 歴史上の事を、経営、経済、工学、化学、物理、
 文化的、文明的、及び心理的等、多方面より
 分析し、類推していて、この小さな1冊の中に
 載せていることは、すばらしい事と思います。
 このような本を他にも出してください。
 (埼玉県・男性・62歳)
 
 面白い本ですね。(注)も豊富で読みやすい。
 軍隊の善悪論でなく、現実をリアルに書いている
 ところが大変参考になりました。
 (東京都・男性・政治評論家)