出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   



 ウッドストック モリ ノ セイカツ
 ウッドストック森の生活

 

 ◆人生の半ば過ぎで見つけた、アメリカのカントリーライフの愉しみ

 小手鞠るい(こでまり・るい)著     

 本体 1,700円
 四六判・上製・240頁
 4-931178-21-9 / 1999.04

 【日本図書館協会選定図書】    


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容
 アメリカ人の夫と移り住んだNY州ウッドストックの森の家。
 アメリカのカントリーライフとそこに暮らす人々や山や木や
 花や生き物たちとのふれ合いを通して、豊かさの本当の意味
 を考える。
 自然と共にシンプルに生きるエコロジーライフの提案。
 前作「ノルウェーの森の猫」の続編。
 (挿画:高田雄太)

 【著者紹介】
 1956年岡山県生まれ。同志社大学法学部卒業。
 92年にアメリカに移住し、現在はニューヨーク州在住。
 エッセイ、小説、翻訳など多彩な活動を展開。
 著書に「こんな英語習わなかった!」『ノルウェーの森の猫』など。

 【書評から】
 マンハッタンから車で2時間。あの伝説のロックコンサートで有名なウッド
 ストック。著者は、3年前からこの村でアメリカ人の夫とともに森の暮らしを
 楽しんでいる。
 庭にクマが出没するほど深い森に囲まれた家は、夜になると月や星々のシャワー
 が降り注ぐ。個性豊かな住人たちとの交流や、シンプルなカントリーライフの
 楽しさを描きながら本当の豊かな暮らしとは何かを問う。
 (日刊ゲンダイ1999.5.21)
     
 アメリカ・ニューヨーク州の北部、ロックコンサートが行われたことで有名な
 ウッドストック。著者は、アメリカ人の夫とともに、豊かな自然に囲まれたウッ
 ドストックの深い森に住む。毎日の散歩を欠かさず、夫婦げんかのうっぷんも、
 森のドライブで解消するほど、著者にとって森は生活の一部となっている。
 (ウッディ・ライフno.83)
     
 帯を外すとよく太った猫がこっちを向いてちょこんと座っている。装画は猫を
 テーマにしているイラストレーターの高田雄太さん。「作者のカントリーライフ
 についての本だから猫は関係ないんですけど、帯で隠しちゃえば分からないと
 思って…。僕の遊びです」
 (毎日新聞 COVER DESIGN 1999.5.16)
     
 




















 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 久しぶりに、読んだ!! と思える本に出合い
 ました。
 一気に読んでしまいましたが、作者の小手鞠
 さんに、嬉しくて手紙を書きたくなりました。
 (高松市、57歳、女性)
    
 みずみずしい感性に溢れた文章は、ウッドス
 トックの森の香気を私の居間に運んでくれる
 ようです。
 樹木の下にいる気持ちよさが伝わってくる文
 章でした。
 (滋賀県、54歳、男性)
    
 高田雄太さんの装画に惹かれて購入したの
 ですが、内容も面白くて爽やかな読後感が
 ありました。
 ウッドストックやイサカに行ったこともあ
 るので、書いていることがよく分かり、とて
 もいい本でした。小手鞠さんの全てに共感で
 きます。
 (東京都、61歳、女性)
    
 ウッドストックの生活は、自分が幼い頃から
 思い描いていたものとピッタリで、ワクワク
 してしまいました。
 いつの日にか、アメリカに行くことが出来たら
 ぜひウッドストックを訪れたいと、願っており
 ます。
 (千葉市、53歳、女性)