出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   



 ノルウェー ノ モリ ノ ネコ
 ノルウェーの森の猫

   猫と暮らすアメリカ

 ◆異国で暮らす孤独と疎外感を救ってくれた1匹の猫との出会い

 小手鞠るい(こでまり・るい)著   

 本体 1,500円
 四六判・上製・224頁
 4-931178-10-3 / 1998.02    



▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 0422-72-8752 FAX 0422-72-8754 MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容
 話せない、仕事がない、友達がいない。
 ないない尽くしの異郷アメリカでの暮らし。
 鬱々とした心を晴らしてくれたのは、
 1匹の猫(ノルウェジアン・フォレスト)
 との出会いだった。
 異国での孤独感を癒してくれ、社会に向けて
 踏み出すきっかけをくれた愛しの猫との物語。
 (挿画:高田雄太)

 【著者紹介】
 1956年岡山県生まれ。同志社大学法学部卒業。
 92年にアメリカに移住し、現在はニューヨーク州在住。
 エッセイ、小説、翻訳など多彩な活動を展開。
 著書に「こんな英語習わなかった!」『ウッドストック森の生活』など。  

 【書評から】
 日本で出会った夫・グレンがアメリカの大学院へ行くことにしたのを機に、
 ニューヨーク州イサカという田舎町で暮らす。本書は、知り合いのいない異国に
 引っ越した、心細くて不安な著者の心象風景から始まる。そして彼女とグレンの
 新しい家族、ノルウェジアン・フォレストの猫プリンがやってくる。
 外国で暮らす上で必要なこと、あるいは猫を獣医に連れていくとき必要な英単語、
 飼い主が旅行する間のペットのケアのしかた、アメリカでの家の売買について…
 外国移住をめざす人、国際結婚の予定がある人にも役立つ、興味深い話題が次々
 に出てくる。そして、アメリカに行った翌年、著者は第12回海燕新人文学賞を受
 賞。そのときの様子も、「癒し猫」プリンの姿とともに描かれている。
 でもやっぱり、本書の一番の魅力は猫。だって、猫嫌い(猫苦手)の私でさえ、
 猫と遊んでみたくなっちゃうのだから……
 (「翻訳の世界」1999.7)
     
 猫好きの彼と結婚、米国に移住した著者が描く「愛猫」との半生。
 猫の手術、猫との引越し、旅行…。慣れない異国暮らしゆえに起こるドタバタ劇
 が妙に新鮮。タイトルは猫の種類を訳すとこうなる。
 (読売新聞・現地版1998.4.10)
     
  














 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 可愛くて、スマートな本作りにハイセンスを
 感じました。内容的にも、殺伐とした世相に
 ポツンと灯されたあったかい燈火、猫を介し
 ての人の優しさを再確認しました。
 (東京都、71歳、男性)
    
 最初、表紙の絵にひかれて手にとってみました
 が、文章の暖かみや作者の人柄が感じられ、買
 って良かったなと思いました。猫に関する本は、
 ただかわいいだけとか自己中心な本が多いです
 が、この本は違ってました。また、ぜひ2冊目
 を(プリンのその後を)出してください。その
 時は高田雄太さんの装丁でお願いします。友達
 にもこの本をプレゼントしようと思います。
 (兵庫県、36歳、女性)
    
 とても美しい猫です。動物は本当に私たち人間
 の心をいやしてくれると思います。楽しく読み
 ました。家では、娘がアトピーなので犬も猫も
 今は飼えません。
 (神奈川県、55歳、女性)