出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   



 ゼッピン マトウダイ
 絶品、マトウダイ

   房州香漁師物語

 ◆ページをめくると潮の香がする漁師町エッセイ

 岩本隼(いわもと・じゅん)著   

  
 本体 1,800円
 四六判・上製・244頁
 4-931178-12-X / 1998.04

 【日本図書館協会選定図書】   


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174 MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容
 ロバンジョ、サンカイ、ヤヘイ、と屋号で
 呼び合う世界がある。
 潮の香が漂い、ひとときの憩いに話が
 弾む。
 暮らしと自然が響きあい、季節の中で
 ゆっくりと時間流れる。
 海辺の暮らしに憧れて、房州の小さな
 漁村を終の棲家とした著者の漁師町
 物語。

 【著者紹介】
 1941年満州生まれ。東京大学文学部卒業。
 TBS、テレビマンユニオンなどを経て、現在雑誌記者。
 著書に「悲しい錯乱」「マンボウの刺身」「ゴンズイ三昧」などがある。
               
 【書評から】
 週の半分を東京で雑誌記者として過ごし、あとは千葉県館山近くの漁師街・香
 で漁師になるという二重生活を送る著者のエッセイ集。
 といって、昨今、流行の「田舎暮らし」「アウトドアライフ」(ああいやな言葉だ)
 なんかとは年季の入り方も土地っとの付き合いも、ワケが違うのだ。
 何しろ漁師を始めて二十六年。著者が香の浜を歩けば、仲間の漁師たちから
 声がかかる。「おかずにイナダ持っていくかい」。遠慮しても駄目、
 バケツ一杯のとれたての魚や時にはカツオ一本丸ごと分けてくれるのだ。
 四季折々の出来事に彩られた、仲間たちとの濃密で愉快な暮し。
 その中で著者は、カワハギ、マンボウ、ゴンズイ、マトウダイといった旨い魚を
 味わい、初めての田んぼ作りに精を出し、果てはツチクジラの解体作業にも
 参加する。(以下略)
 (「週刊新潮」1998.5.28)
                 
 学生時代に泳ぎにいった千葉・房総半島の漁師街、館山市の香(こうやつ)の
 海暮しに魅せられて、夏は漁師として働くフリーの週刊誌記者の「漁師物語」です。
 あわただしい都会生活とは逆にゆっくりと時間の流れる海辺の町。そこで出会った
 漁の名人、勤めを終えた定年漁師、民宿の主人などさまざまな人との交流、自然と
 響き合うくらしの様相を描きます。手と足を使って働くことを通して「この世の
 一員として在ることを実感した」といいます。
 (赤旗1998.5.18)
                 
   四季はめぐり、旬の魚が揚がり、人はすこしずつ年を重ねる。東京で週刊誌記者、
 千葉・館山で漁師という二重生活を続ける著者が、漁の体験や食の発見、集落の
 人々との人間関係、遊び+飲み仲間たちのことなどを丹念に書いてきた「マンボウ
 の刺身」「ゴンズイ三昧」に続く3冊目。マトウダイの刺し身、ハバノリ摘み、鯨の
 解体などを加え、初めてトライした田んぼ作りの話も。
 (東京新聞1998.6.11 中日新聞1998.6.12)




 






 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 本ばかり読んでいて、ボクらがどれほどカンネ
 ンの世界に生きているか、根無し草だったのか
 を教えてくれる1冊です。自分の住んでいる向
 こう側に、そんな世界があったのかと。今から、
 とても向こうに行けないなぁと。なつかしくて、
 うらやましい人たちのことを知りました。
 (東京都、57歳、男性)
    
 房総の海を愛し、外房大原の近傍にセンドハウ
 スをいとなむ読者として、著者の生き様に大き
 く心惹かれる次第です。見事の一語に尽きる思
 いです。(千葉県、78歳、男性)
    
 魚釣りに関するエッセイや釣り人の心もようや
 漁師町の生活など、とても楽しく読ませていた
 だきました。(千葉県、50歳、男性)
    
 岩本隼氏の本に魅せられて「マンボウの刺身」
 「漁師町のマラソン」「ゴンズイ三昧」につづいて
 本書を購入。文字の大きさ、造本が気に入った。
 この本は「絶品」だねえ!(東京都、59歳、男性)