出窓社 Home Page
.

    表紙のイメージ

     



 チュウガクエイゴデサンプンカンカイワガトギレナイハナシカタ
 中学英語で3分間会話がとぎれない話し方

  ◆あいさつからスモールトークまで22のポイント

 小比賀優子(おびか・ゆうこ)著

 本体 1,200円
 四六判・並製・176頁・2色刷
 978-4-931178-76-2 / 2011.07

 全国学校図書館協議会選定図書
 


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容

 英語を話したい全ての人へ、3分間の自信と会話の楽しさを!

 ☆英語を話すことは、英語を読んだり書いたりすることよりも、
 はるかに簡単です。しかも中学英語の知識があれば十分です。
 本書では、初対面の人と気持ちよく挨拶をして、簡単な会話を
 楽しむためのノウハウを、誰にでもできる22のポイントに分けて
 解説します。


 《本書の目次から》(*ポイントは一部抜粋です)
   ○基本編
    1章 英語を話す前の心構え
      @英語力より会話力
      Aまずはあいさつと笑顔から
      C沈黙は「禁」
      D自己紹介は丸暗記
    2章 伝わる英語にするために本当に大事なこと
      G語順のルールは絶対厳守
      I会話の始まりも「主語+述語」
      L疑問文を上手に使うコツ
   ○実践篇
    3章 いろいろな場面での会話
      Nあいさつで会話を始める
      Pあいづちは会話の潤滑油
      R相手を上手に誘う
      S感謝と喜びをあらわす
    特別講座:会話をより豊かにするための基礎知識
      ・日常の決まり文句
      ・丁寧に聞こえるコツ

 【著者紹介】
 東京生まれ。翻訳家、英語講師。1983年、国際基督教大学
 (ICU)教養学部語学科卒業。同年福武書店(現ベネッセコー
 ポレーション)に入社、児童書部で主に国際ブックフェア、海外
 版権の取引業務に従事。退社後、渡独。ミュンヘン国際児童
 図書館で研修を受ける傍ら大学でドイツ語を学ぶ。
 帰国後、「おびかゆうこ」の名前で、絵本・児童書の翻訳や
 創作と英語講師の仕事を始め、現在に至る。
 主な著書に『学び直しは中学英語で』、児童書の訳書に、『ビアトリス・ポター』
 (ほるぷ出版)、『ねずみの家』『帰ってきた船乗り人形』『愛のうたをききたくて』
 (いずれも徳間書店)、『ルール!』(主婦の友社)、『モホ・ワット』『ナヤ・ヌキ』
 『パスキ・ナナ』(いずれも出窓社)、絵本の訳書に、『はるになったら』(徳間書店)、
 『だいすきがいっぱい』(主婦の友社)、『あまくておいしいこいのものがたり』(光村
 教育図書)、『エリーちゃんのクリスマス』(福音館書店)などがある。

 【書評から】
   
  







   読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 『学び直しは中学英語で』に続いて本書を求めました。
 中味は勿論、本の大きさ、軽さがいつ開いても負担にな
 らず、普通の本を読むように楽しく拝読しています。
 気に入った包装紙でカバーをして、いつも手元に置いて
 います。
 (埼玉県・女性・70歳)
 
 まいにち持ち歩いています。
 とても親切な本です。お昼休みに必ず目を通して、
 時間がある時は、この本をめくるのが楽しみです。
 英会話教室では、教えてくれない部分が多いです。
 (岐阜県・女性・70歳)