出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   



 サマサ モ サカサ
 さかさ も さかさ
 Turn it upside down!

 
 ◆ニットとトリックアートのふしぎな絵本!!

 伊藤文人(いとう・ふみと)作・文
 やた みほ(やた・みほ)ニット絵
    

 本体 1,300円
 B5判変型・上製・32頁(オールカラ−)
 4-931178-45-6 / 2002.12

 ◆本書は「品切れ絶版」です。  



 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容

    ひっくりかえせば あれれっ ちがう絵だ!!
    温かくて不思議な変身する絵本。
 *英文付き

    独自のさかさ絵で、日本のエッシャーとよばれる伊藤文人と
    ニット絵とニットアニメーションで注目を集めるやたみほの
    温かくて 不思議な さかさ絵の世界。
    1冊で、何度でも楽しめる おもしろさ!!

      ←さかさにすると→ 

     ★猫のニャンタロウが、たちまちラッコの子に大変身!
     こんな楽しいニット絵が、全部で15点。
     全文ひらがな しかも、対訳の英文付き。プレゼントにも最適です。

   【著者紹介】
 伊藤文人(いとう・ふみと)
 1950年、神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。
 イラストレーターおよびグラフィックデザイナー。
 トリックアート(主にさかさ絵、さかさ文字)のクリエーターとして注目され、
 その作品は数々のトリックアートコンテストで高い評価を得ている。
 M.C.エッシャー生誕100年に捧げる「超感覚ミュージアム」金賞受賞。
 第5回「全国トリックアートコンペ」グランプリ受賞。
 著書に『まさかさかさま』(その1〜4、新風舎)。

 やた みほ (YATAMIMATION)
 1974年、東京生まれ。白百合女子大学文学部児童文化学科卒業。
 アニメーション作家、イラストレーター。
 編物を使った独特の手法で、アニメーションやニット絵を制作。
 自主制作「SHIKI」で第1回ラピュタアニメーションフェスティバル
 ユーリー・ノルシュテイン大賞奨励賞、「KNIT-THE-CAT」で
 第2回同フェスティバル「こどものためのアニメーション賞」受賞。

 【書評から】
 思わずふきだしてしまう さかさ絵の不思議さがたっぷり
 こんな世界があったんだ。思わずふきだしてしまう楽しい絵本だ。
 著者の伊藤文人さんは、トリックアートの世界では知る人ぞ知る存在で、
 「日本のエッシャー」と呼ばれているそうだ。なるほど、「月夜に夢見るふくろう」
 をひっくりかえすと「丸太を背負った牛のおじさん」になってしまうのだから、一瞬、
 唖然。そして次の瞬間、「牛が丸太を背負っているの」って笑ってしまう。
 その絵がまた心和む。毛糸で編んだニット絵なのである。出てくる動物やおじさん
 たちが、なんともユーモラスなのは、このニットの編地の温もりのせいにちがいない。
 ニット絵を担当しているのはやたみほさんという若いアニメーション作家だ。
 絵を編みこんだニットのセーターは見たことがあるけれど、こちらは棒針編みあり、
 かぎ針編みあり、アップリケあり…さながらニットのコラージュである。
 (中略)
 1枚のさかさ絵に2つのお話がついている。それぞれ英訳つき。親子で家族で、
 1冊で何度でも楽しめる。
 (梶葉子「図書新聞」2003年6月21日)
     
 いよいよ春らんまん! 風が少々強いですが、太陽の日差しが心地よい季節が
 訪れようとしています。この季節は気候のようにほんわかした読書タイムを
 持ちたいですよね。だから、私のお薦めは『さかさもさかさ』です。
 ちょっと大きめの絵本なんですけど、ニットで描かれる逆さ絵は発想の転換と
 工夫に富んでいて、添えてある文章もまさに逆さ絵の時間を切り取っていて、
 ページをめくるごとに"ほんわか"を分けてもらえます。さらにウィットに富んだ
 英語での表現も添えてあるので、お得感ありです。(くりサポ・遠藤夢沙)
 (毎日新聞「Weekly くりくり」2003年4月13日)
     

                







 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 ■著者からのメッセージ

 さかさ絵を見るのに むずかしい知識はいりま
 せん。必要なのは「やわらかあたま」だけです。
 ちいさな子供にわかるのに、
 大学教授がわからないこともあります。
                    (伊藤文人)
 ピエロがバスで うまがねこ。
 フクロウうしに おじさんこども。
 これなーんだ?
 みんなもわかったら、
 おともだちに なぞなぞしてみてね。
                    (やたみほ)


 読者からの感想・・・!

 アイディア・発想がとても新鮮でユニークで
 楽しんで見ることができました。
 ニットアートもていねいで美しく、動物や人物
 表情が豊かに表現されていて、とてもいい絵本
 だと思いました。
 (大阪府・女性・50歳)
    
 これはチラシを見てとびついてしまいました。
 この本は発想と毛糸でつくってあるのもよか
 った。あたたかみがある。子供も自分で見れ
 るのがいいです。
 (三重県・女性・30歳)
    
 すごい好きです。なんて言ったらいいかわかん
 ないけど、キャラのとぼけ具合といい、本の見
 やすさといい、文章も簡潔で3歳の娘も感覚で
 わかるかんじ。取り合いで見ました。
 「お母さんも見せてよ〜!」
 「あとでね〜」
 「やだ〜」なんてかんじです。
 (愛知県・女性/写真は萌稲ちゃん3歳)
 
    
 子ども向けの英語教室を開いているものですが
 生徒たちがとても楽しんでこの絵本で学んで
 います。第2弾が出ることを期待しています。
 また、この先絵本関係の本を出版することが
 ありましたら、ぜひ英語訳も付けていただける
 と英語教育現場としては嬉しいです。
 (東京都・34歳・児童英語講師)
      
 なんたって英語訳(翻訳)が素晴らしい!
 俺の作詞の参考になった!
 (東京都・27歳・ミュージシャン)