出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   
 マクラノエゾウシ
 枕の絵草子

   

 ◆色香漂う文とあぶな絵が誘う耽美の世界!

 山口 椿(やまぐち・つばき)著   

 本体 1,600円
 四六判・上製・224頁(挿画46点所収)
 4-931178-44-8 / 2002.12

     


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 ■作品内容

 尽きることのない性の深淵をめぐり、
 魂は時空を飛翔する…

 
 「桃李は言わざれども、下自ずから蹊を成す」

 人間の尽きることのない性への欲望を、現代の枕絵師・
 山口椿が、幅広い教養をもとに軽やかに時空を超え、
 縦横無尽に綴って好評を博した「いろばなし」(『問題
 小説』1997.2〜99.1連載)をまとめた待望の単行本。
 色香漂う文と春画が奏でる絢燗たる耽美の世界。
 ファン必見の直筆画46点を収録。


 【著者紹介】
 1931年東京神田三崎町生まれ。作家・画家・チェリスト。1959年パリ、ピエール
 ギュモン国際コンクール銀賞。作家としては60歳から著作を重ね10年間に50冊
 を上梓。主な作品に『雨月物語』(小学館)『逝く夏に』(文芸春秋)『黄昏の
 ヴェネツィア』(徳間書店)『中国残酷物語』(幻冬舎)『闇の博物誌』(青弓社)
 など多数。画家としては上田秋成の眠る京都西福寺の襖絵連作『雨月物語』を
 制作。2003年春第8回NICAFに「幽霊画」を出展。

 【書評から】
 無粋が跋扈する世知辛いご時世にあって、ホンマもんの「粋」を感じさせてくれる
 数少ない大人といえば、山口椿御大。手がけるものすべてが文句なしに一級の
 腕前であり、それがまた板についているっちゅうところが、正真正銘の粋人の証。
 ことにその文学と画業は目に触れる機会が多いワケだが、多くの作品に触れれば
 触れるほど、その豊饒かつ深遠な表現の業に打ちのめされちまう。文章から立ち
 上がるエロスの芳香、どんな短いものであっても、言葉が尽くされている。穏健な
 文体であっても凄みを感じずにはいられないっす。それは、本書に収録されたあぶ
 な絵も同様。表層的なエロスばかり享楽していないで、時に山口椿御大の作品で、
 襟を正すこともヒツヨーですぞ。
 (『SMスナイパー』2003.3)
     
 今も昔も変わらぬものは男女の性、ご存知、山口氏が『問題小説』に連載されていた
 ものを修正収録した1冊。尽きることのない性の深遠を、独特の色香で綴った珠玉の
 色話。さまざまな色話から直筆画46点も収録。まるで漆黒のビロードのような怪しい
 手触りを想像させるような世界に1600円で入れます!
 (『アックス no.31』2003.3)
     



 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 山口椿ファンなので、いまさらだが、相変わらず
 の達者、洒脱な文章に舌を巻く。
 もう、書下ろし(イラスト付き)は、
 無理なのかなあ?
 (埼玉県・男性・68歳)
    
 耽美の深淵に驚きを感じ、慈愛すら覚えた。
 (北海道・男性・55歳)
    
 山口椿氏の耽美の世界を覗いて、至福のひと
 ときに浸っています。絵をもっとはっきり観たい
 のですが…
 (小田原市・男性・68歳)
  《編集部注:山口椿作品を無修正で掲載する
  ために画像サイズを若干小さめにしています。
  ご了承ください》
    
 絵が可憐な大きさで女性の顔がかわいくて良い。
 内容が深いが、表現の枯れて上品な筆致が
 絶妙!!
 (糸魚川市・男性・71歳)