出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   





   アメリカ、ジュウキュウセイキマツノクビキ
 アメリカ、19世紀末のくびき

 ◆すべては南北戦争後に始まった

 杉山恵子(すぎやま・けいこ) 著

 本体 2,400円
 四六判・上製・288頁+口絵8頁
 978-4-931178-94-6 / 2019.12

 
 


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
   内容紹介&書評












<

 作品内容

  ここに、今もアメリカを悩ます諸問題の原点がある!

  人種差別、異教移民の流入、拡大する貧富の差、分断する国家。
  今から約百年前、これら諸問題に果敢に挑戦した人たちがいた!

                  *
  本書で取り上げたのは、南北戦争後の共和国の在り方を模索し、
  「自由と平等」を掲げる国是と現実のギャップに挑戦した人々である。
  取り上げた人々の名を今日知る人は少ない。
  美術館関係者、画家、教育関係者、実業家とその妻、セツルメント関係者など、
  地位も地域もばらばらな人々である。
  しかし振り返ってみると、彼らが南北戦争後の新しいアメリカを生き、
  今日に続く軌跡を残していることが見えてくる。(カバー前袖より)
                  *
   ◇ ウィリアム・T・ブロジェット
     奴隷解放に奔走し、後にメトロポリタン美術館の副館長になった実業家
   ◇ セイモア・イートン
     青年教育から図書流通システムの構築、さらに幼児絵本に新時代を託した出版人
   ◇ ジョン・J・グレスナー夫妻
     画期的建築様式で理想の家庭を求めた夫と、女性の社会貢献の道を拓いた妻
   ◇ エレン・ゲイツ・スター
     米国屈指のセツルメント「ハル・ハウス」創設に参加しながらも、
     歴史から忘れられた社会運動家
   ◇ ヴィーダ・ダットン・スカダー
     自由と平等の実現を教会に託し、理想と現実の狭間で揺れ動いた教育者
   ◇ ジェーン・アダムズ
     セツルメント「ハル・ハウス」を創設・運営し、ノーベル平和賞を受賞しながらも、
     米国のタブーに触れたため、今も無視され続ける社会改革家

 【著者紹介】
  1952 年、札幌生まれ。恵泉女学園大学名誉教授。1975 年、津田塾大学学芸学部卒業。
  同年アメリカ、バージニア州ランドルフ・メイコン女子大学に留学。人種差別と親日の
  南部社会に接し、アメリカの歴史文化への興味を深める。その後、マサチューセッツ州
  スミス大学を経て、ニューヨーク州コロンビア大学大学院へ進む。専攻アメリカ史。
  コロンビア大学大学院歴史学科修了。 M.Phil. 主な著書に、『ジェシー・ターボックス・
  ビールズのアメリカ』(慶応大学出版会)などがある。

  【書評】
 米国系の學校に於いては、必ず「南北戦争」(1865年終結)を學ぶ。
 アメリカ合衆国と南部連合との戦いである。四年間の死闘で62万人の犠牲者が出た。
 南北間の軋轢は深く、此の病理は今日をも狂わす。
 其れは〈人民の為の政治〉為る空想的融和主義が、ピューリタンイズム(白人優位)、
 一神教の弊害に毒された寛容が上辺だけの社会で有ること。
 結果、人種差別や貧富の差、異教徒への憎悪ー其を〈くびき〉と呼ぶ。
 こうした妖気漂うドロッとした「カオス」を真摯に生きた六人の寵児
 (ブロジェット、イートン、グレスナー夫妻、スター、スカダー、アダムズ)の
 生活動態を語るのが本書である。
 「美しきアメリカ」を誇らしげに唄う。独自の図書システムを構築したイートン。
 女性の社会進出に心底注ぐグレスナー夫婦やスター、教育者・スカダー他。
 男尊社会の枠組み時代に、自我の確立と崇高使命感に基づいた活動を致す。
 然し、頑迷な高すぎる壁は、〈博愛精神〉ー。此れだけでは成功覚束無いと知る。
 余談ながら、日本國に於いては津田梅子や平塚らいてう、瓜生岩を想い描いてしまうね。
 筆者・杉山女史は、米国の陰影(非寛容・平和・反戦)をフォーカス、
 埋もれし偉人を世に知らしめた。此の功績を讃えたい。と同時に、〈民主主義とは何ぞや〉問うて居る。
  「参考文献と註」掲載も参考に為る。(蓮坊公爾「熟読玩味」より)


 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!