出窓社 Home Page
.

表紙のイメージ

   





 マナビナオシノニチジョウカンジ
 学び直しの日常漢字

 ◆知っていそうで知らない語源の話

 川口久彦(かわぐち・ひさひこ)著

 本体 1,200円
 46判・並製・164頁
 978-4-931178-85-4 / 2014.08

 日本図書館協会選定図書
 


 ▲戻る  ▲書籍リストへ ▲メールで注文 ▲カゴの中を確認 ▲次のページへ
 本書をご注文の場合は、『注文・カゴへ』ボタンをクリックしてください。

TEL 042-505-8173 FAX 042-505-8174  MAIL dmd@demadosha.co.jp
    内容紹介&書評















 作品内容

 点を合わせて、なぜ「合点」? 酒に弱い人を、なぜ「下戸」という?
 ふだん何気なく使っている二字熟語の語源を、辞典編集者生活三十数年の著者が、
 分かりやすく丁寧に解説した日常漢字のトリビア!
 挨拶、塩梅、田舎、元気、素適、出世、勝手、互角、消息、亡命など、
 ふだん何も気にせずに使っている二字漢字から180語を厳選。
 その語源を丁寧にしっかりと解説。漢字の面白さを再認識する書です。


 
  ●本書の特長
   @著者は、『学研漢和大字典』元編集長。辞書を編む現場からの視点が新しい!
   A三十数年間、漢和字典作りの現場で、編集長を務めてきた著者が厳選した180語。
   B飽きがこない「六語一組」の設問形式。語源の典拠を、一語220字で丁寧に解説。
   Cどこから読んでも楽しめる便利で役に立つ構成
   D本文2色刷。理解を助ける図版多数掲載。

   
 【著者紹介】
  1933 年、甲府市に生まれる。大学卒業後、編集者として出版社に勤務。
  勤務の傍ら、東京大学文学部中国文学科特別研究生として藤堂明保先生に
  師事する。『学研漢和大字典』『漢字源』『学研古語辞典』などの辞字典、
  『中国の古典全集』『老舎小説全集』『照葉樹林文化』などの編集長。
  退職後、月刊俳句誌「天為」の編集長。現在、郷土文化同人誌「中央線」
  の編集長。山梨郷土研究会会員、山梨ことば会会員。
 


 読者のみなさまへ。

 ご感想・ご意見等、およせください。
 
 お名前
 Eメール
  

 読者からの感想・・・!

 知っているようで、知らない漢字を改めて知る機会
 となり、日常生活の中で物を見る心を変えることが
 できた。
  (山梨県・男性・64歳)
    
 ふだん使っている言葉を改めて学ぶ。
 1日1つと決めて読んでいます。
 友にも知らせて、買って役立ててもらおうと思います。
  (山梨県・女性・75歳)
    
 いろいろと面白く勉強になった。
  (東京都・男性・83歳)
    
 最近、仲間との会話がマンネリ化して、つまらなく
 感じています。この本を仲間に配って、この本から
 得た知識を、会話の中で随所に埋め込んで、楽しい
 会話にしたいと思います。
  (山梨県・男性・78歳)
    
 日本人は語源探索が好きですが、なるほど漢語には
 語源不明のもが多いですね。これまでにこのような
 本がなかったのが不思議です。
 漢和辞典を丹念に調べれば分かる場合があると思い
 ますが、それには大変な手間を要します。
 交番・便所・人参・偏屈・会社・花魁・遊学・背広など、
 とりあげてほしい漢語はまだあります。
 ぜひ続編を刊行してください。
  (東京都・男性・方言学者)